小規模マンションにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか。

住み心地は物件次第でまったく変わります!
住み心地は物件次第でまったく変わります!

小規模マンションのメリット

マンションにはさまざまな種類がありますが、小規模マンションと大規模マンションという分け方で分類することができます。
では小規模マンションといわれるタイプの賃貸物件にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
この小規模マンションというのは、中高層型といわれるものになるのですが、建物の高さ規制があまりない駅前などに物件が多くなっているため、住まいを決めるときは駅までの便利さを重視したいというような方にはぴったりの物件だといえるかもしれません。
またワンフロアにおける人數なども少なくなっていますので、プライバシーを守りたいという方にもオススメできます。
そして窓が多く、日当たり、風通しが良い物件が多いというのも小規模マンションならではの特徴だといわれています。
また大規模マンションではありがちなエレベーターの混雑や、なかなかエレベーターが来ないということもないため、行き帰りで無駄なストレスにさらされるということもありません。
さらに大規模マンションの場合にはさまざまな共有施設というものがありませんが、小規模マンションではそのような施設もないので管理費用なども安くなる場合が多いようです。
このようにたくさんのメリットのある小規模マンションですが、コンパクトなデザインゆえに柱や梁が室内に出てしまい狭く感じてしまう場合もあるといわれています。
このような点に関しては、実際の物件見学でしか判断できないところもありますので、まずは物件見学をしてみることをオススメします。
同様に小規模マンションとして分類分けできるものに、低層階マンションといわれるものがあります。
これは中高層型よりもさらに低層になっている物件を指しますが、住民の数が少ない分、お互い知り合いになれる可能性が高く、セキュリティ面で安心できるというメリットがあります。
また低層階マンションの場合には、駅からやや離れた閑静な住宅街などにある場合が多いですので、静かに暮らしたいという方にはぴったりの物件だといえるでしょう。
この小規模マンションは、物件数が大規模マンションよりも多くなっていますので、さまざまな選択肢があるというのもオススメできるひとつのポイントになっています。
小規模マンションというとコンパクトなお部屋を想像してしまいがちですが、中にはファミリー向けの広いタイプの物件というものもありますので、ファミリー向けの方でも小規模マンションをひとつの選択肢にできるかもしれません。