大規模マンションと言われるマンションにはどのようなメリットがありましょうか。

住み心地は物件次第でまったく変わります!
住み心地は物件次第でまったく変わります!

大規模マンションのメリット

最近では大規模マンションといわれるかなり大きなマンションが人気になってきています。
では大規模マンションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずあげられるのがその広い敷地などを利用した共有施設のバリエーションの豊富さです。
これは各マンションによっても違いがあるのですが、スポーツジムや子供用のキッズルームが完備されているものから、パーティールームや宿泊施設などが併設されているものもあります。
これらの共有施設のなかには無料で利用できるというものから、格安料金で利用できるというものもあります。
まず賃貸物件などで下見に行くのであれば、このような共有施設がどのような仕組みになっているのかや、その料金制度についても調べてみると良いかもしれません。
またこれらの大規模マンションでよくあげられているのがタワーマンションといわれる超高層マンションです。
この手のタワーマンションは駅前に建てられている事が多く、通勤や通学などでよく駅を利用されるという方には便利なマンションだといえるかもしれません。
また高層階の場合にはまわりに遮るものがありませんので、北向きの物件だったとしても日照条件などが良い場合が多いようです。
このタワーマンションのほかに、大規模マンションのカテゴリに入れることができるのが多棟型マンションといわれるものです。
タワーマンションは駅前に建てられていることが多いことに対して、この多棟型マンションは駅から10分くらいの緑などが多くある場所に建てられている場合が多いといわれています。
このようなマンションでは、外壁塗り替えなどの修繕費用がタワーマンションよりも安くなっている場合が多く、コストパフォマンスが高いのも特徴になっています。
多棟型マンションにおいても共有施設が充実しており、子供向けのキッズルームや敷地内公園などがよく整備されています。
またファミリーが多いということから、赤ちゃんとママのための交流会、幼児向け英会話教室などを定期的に開いているマンションなどもあり、より楽しく生活できる工夫がなされているというのもひとつの特徴になっています。
また最近では、低層階に保育施設、スーパー、飲食店などが用意されており便利に買い物ができるというマンションも人気になっています。
このような施設はたしかに便利なのですが、窓から臭いや騒音がないかどうかを下見の際にはぜひチェックしてみるようにしましょう。

関連サイト